水楓環生が何か始めたようです。

現役フリーライターが仕事や日常のことをユルく紹介中

クリスマスに男2人で浜名湖行った話

2017年の12月25日

楽しすぎたクリスマスの話をしようと思います。

 

当時私は遠距離恋愛をしており、せっかくのロマンチックデーでも恋人と会うことはできませんでした。いわゆるクリボッチとして「部屋でゴロゴロか」なんて思っていました。

しかし23日に友人Sと食事へ行くことに。せっかくの聖なる日に何かしたい!と心の奥底で思っていた私は「なんか面白いことをしたいよね」という絶対に言ってはいけないことを呟いたのです。

 

すると話は大盛り上がり。

私「せっかくのクリスマスだし、最高のバカをしよう」

S「高速乗ってどこか行くか?」

という流れへ。

 

「なんか面白いことをしたいよね」という言葉は、大抵ぶっ飛んだイベントが起こる前に遣われます。

 

そのまま特に予定を立てず解散して、いよいよ25日。

朝の8時にSと合流するなり、私は日本地図を頭に思い浮かべました。

関東から離れていて、中々行けないところ…。

「なんか、今日浜松の気分じゃね?」

行ったことないけど、そう口にした。

Sは「いや、さすがに遠い」とか言うと思いきや、そのままインターへ走り出しおった(笑)さすが過ぎて笑う。

 

しかしここで問題が。

なんとSは最近の軽自動車に乗っていたのですが少し前に廃車に。親が昔乗っていたバンタイプの軽トラで来たのです。

ナビがなく私の型落ちスマフォで道案内するまで良いですが、高速を走るとギシギシと鳴ってはいけない音を立てます。

 

さらにその日は強風。

車高が高いので風に煽られグラグラハンドル。

遠出するには最低のコンディションでした。

 

家から浜名湖は車で4時間コース。

Sと2人で「神奈川辺りで車吹っ飛んだりしたら笑う」「クリスマスに男同士で散る」「大破するんじゃね?」なんて笑い話をしました。正直お互い数々の修羅場をくぐり抜けてきたこともあり、動揺することはありませんでしたが、中々キツい状況です。

 

道中は案の定ハプニング連発!

恋愛話や学生時代の思い出トークで盛り上がりながら走っていた私達、どの辺かは忘れましたがSAがまったくないような区間がありました。

そんな時、Sが「ヤバい」と口にします。

 

なんと…。

ガソリンメーターが1。

最寄りのSAまで距離不明。

 

「探せぇぇ!」

ミュージカルばりの声量で叫ぶ。焦って色々調べますが、給油できそうな所はヒットせず。おまけに土地勘はないので先はまったく読めません。

そしていよいよガソリンメーターが0に。

 

「ダメだ…終わる!」

「クリスマスにガス欠とか笑えねぇ!」

なんていう絶望的な車内に、一筋の希望が。

案内こそ無かったものの、新しそうなSAが登場したのです。

 

「来たぁ!」

「うぇぇいいい!!」

スポーツ日本代表が点を入れた時の勢いで喜び、すぐさまピットイン。ガソリンを満タンにぶち込み、なんとか旅を続けることができました。

 

他にも変な車に煽られる、スマフォの充電切れるなどハプニング連発の道中でした。

 

遂に到着!

f:id:TamakiMinakami727:20190518103404j:plain


12時過ぎ。

ようやく浜名湖へ到着した2人。

えげつない風で髪を暴れましたが、目の前の光景に感動を覚えます。

浜名湖は青く輝いていた。波の音、香り、すべてが美しかった。

 

私「こんな景色。中々見られるものじゃない」

 

クリスマスという特別な日。

何かしたいという思いつきで始まった4時間の旅。しかも男2人だけ。

周りからすれば「何やってんの?」と笑われるかもしれない。

バカにされるかもしれない。

 

だけど、こんなことして一番笑っているのも、バカだと思っているのも間違いなく自分達だ。

 

 

人生楽しまなきゃ意味がない

人生を楽しむ。

せっかく生きているなら笑っていたい。

というのは私の中にある大きな柱みたいなものです。

 

世の中、正直辛いことの方が多いと思います。上手くいかなったり、気に入らなかったり。マイナスばかりでしょう。

 

私も悔しくて涙を流すことはあります。

目の前が真っ暗になるなんて日常茶飯事です。

 

だからこそ、楽しくバカをしていたい。

有り難いことに電話をすれば来てくれる人、朝起きると勝手に部屋でくつろいでいる人、ご飯を共にしてくれる人。

 

そんな人達と笑っていたい。

変に頭良いぶって難しく考えるよりも、とにかく楽しいを追求したい。

これからも。

笑い過ぎてお腹痛くなるようなことばかりして行きます。

 

帰り道

帰りはひたすら私が運転。

行きはくだらない話ばかりしていましたが、暗くなったこともあり深いトークを弾ませました。

彼とはいつもそんな感じです。

死に近いところや底辺まで落ちた経験のある2人。だからこそ「楽しむ」ことを大切にしている。そんな気がします。

 

私「てか、ハンドルめっちゃグラグラするんだけど!何だよこのポンコツ

S「バカにすんなよ!世界一良い車だからな!」

 

長いドライブはまだまだ続くから、騒いでいたいに決まってるじゃん?